2015_07
17
(Fri)01:21

動画の投稿とプラグインとDVD

ソナタは激怒した。
必ず、なぜか発生するノイズと音割れを除かねばならぬと決意した。
ソナタにはミックスがわからぬ。
ソナタは、中年の男性である。
歌を歌い、兎と遊んで暮らして来た。
けれどもピッチの安定に対しては、人一倍に鈍感であった。
                  ~歌えソナタより抜粋~

1 動画投稿
 ナタPのノクターンを歌わせていただきました。
 大好きな歌で、以前歌ったことがあったのですが、諸事情により投稿していませんでした。
 今歌ったらどうなるかな?と思って、懐かしく思いながら試行錯誤してやりました。
 他のナタPの曲も歌いたいなぁ。


2 プラグイン

 曲のミックスに使ったりする、パソコン内でのエフェクターのようなものです。
 編集ソフトに読み込ませて使うのですが、ソフト自体はメジャーなものなんですがかなり古く、楽曲編集関係のスレを覗いたところ

  今時そんなバージョン使ってる奴は割れ確定

とか言われててショックを受ける(笑)

 そんなわけで、せめてプラグインだけでも新しく買おうかなと、自分の歌唱力を棚にあげて有料プラグイン導入で完成度を上げようフェア。

 めりっさP様、たくさん相談にのってくれてありがとうございました。

 そんなわけで色々新しいプラグインを使いつつ今回の動画を作ったわけですが、ちょっと色々使いすぎてモサッとしちゃったなぁ…という感じは否めません。
 けど、どうしても色々使ってみたくて…(;_;)
 これから慣れていきます!


3 ありがとう仮面ライダーオーズ

 すんごい面白かった!!
 薦めてくれたまいちゃんに感謝だね。

 ややネタバレになりますが、最後の

  タカ!クジャク!!コンドル!!!

で涙腺が崩壊しました。

 キャスト間の雰囲気の良さや、作品への愛がすごく伝わって良かった。

 少し突っ込んだ感想を書くと、役者だけでなく、監督や映像スタッフも大変だなぁと考えさせられた作品でした。(以下ネタバレ)
    映司がアンクのメダルで変身する場面の、視界がぼやけて
    メダルが欠けていることに気付かない、というところ。
    前フリがあったとしても、画面にノイズを入れることで映
    司にはこう見えてますよ、と一瞬で理解させるというのは
    中々難しかったと思うんですよね。
    そこでまず映像編集さんさん大変だなと感じました。
    んで、映司の台詞、アンクが言うことは間違いないからっ
    てのも、彼は全くメダルのヒビに気付いていないはずなの
    で、ほんとに軽く、普段の口調で言わないといけないはず。
    でも、秀くん感情がすごい乗ってた。
    役者としてはいけないのかもしれないけど、でも秀くんの
    愛が伝わってきてすごく良かったと思うんです。
    製作裏話として、終盤撮影中にひなちゃんの感情が入りす
    ぎて、涙が止まらなくなってしまったNGの話とかあったけ
    ど、そういった役者の、人間としてのリアルな感情をどこ
    まで本編に乗せて大丈夫かの判断をする監督は、センスが
    無いと務まらないなぁと感じました。

 というわけで(?)オーズおすすめなので、みんな見ましょう。


4 ドラマ
 Doctorsの三期がレンタルになったね!
 全然返却されない!!

 そんなわけでもう何度目になるか、TRICKを一期から見てます。
 何度見ても面白いです。

 それと、飛び飛びで見てしまった仮面ライダーカブトを見直してます。
 出演者がみんな美形で笑ってしまう。
 感想は追々!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。